こち亀 エピソード集 (一部ネタバレ含む)

秋元治先生のこち亀の名作エピソードをランダムで紹介、感想を綴っています

携帯電話はソースの香りの巻 感想

ついにやってきました

こち亀至上、下品度トップ3に入り、尚且つわたくしの好きな作品トップ3に入る、携帯電話はソースの香りの巻です

 

 

派出所に部長がやってきた、すると計算されたように全員の携帯電話が一斉に鳴り出した

 

おもむろに且つ自慢気に携帯を取り出したのはなんと機械音痴の部長だった


f:id:calling0307:20220323160321j:image

(出典:こち亀91巻より 以下一部画像引用させていただきます)

 

最新機器の大嫌いな部長がついに携帯デビューしたのだ

 

普段は家の中で使っていて今日初めて外に持ち出したらしい、携帯電話の意味が全くない

 

やはり慣れないようで部長は携帯電話を派出所に忘れたままパトロールに出てしまった


f:id:calling0307:20220323160328j:image

 

両さんはここぞとばかりに部長の電話で国際電話をかけまくった

 


f:id:calling0307:20220323160337j:image

ウ◯コしながらご満悦の両さんはなんと部長の携帯をトイレに落とし両さんの出来立てホヤホヤウ◯コに直撃してしまった


f:id:calling0307:20220323160343j:image

(画像一部自主規制させていただきます)

 

精密機械のため水洗いはできない

 

両さんはソースやら麗子の香水やらをブレンドして携帯に振りかけごまかそうとする


f:id:calling0307:20220323160416j:image

 

何事もなかったように部長に携帯を返そうとするも落下の衝撃で録音ボタンが押されていたようだ

 

電話を落とした事、ウ◯コに直撃した事など全てがばれた

 

両さんの隠ぺい工作は全て無駄に終わり当然、今回ばかりは部長の雷程度では許されなかった

 


f:id:calling0307:20220323160427j:image

綺麗にオチがつき笑える回です、やはり下ネタはいいっすね!

 

 

電子書籍ならこのお話しのオチや詳細がすぐ読めます⬇️

 

 

こち亀91