こち亀 エピソード集 (一部ネタバレ含む)

秋元治先生のこち亀の名作エピソードをランダムで紹介、感想を綴っています

鬼のかく乱の巻 感想

正月は明けたがまだまだ寒さの残る時期

 

 

世の中は風邪が流行していた

 

だが両さんは相変わらず半袖、サンダルと一年中変わらぬスタイルで寒さなど感じず元気が有り余っている

 

派出所に到着すると中川や麗子たち、部長までも風邪を引いていた

 


f:id:calling0307:20220329164121j:image

(出典:こち亀23巻より 以下一部画像引用させていただきます)

そこに本田がやってきて今日は自分の誕生日だからお祝いしてほしいと自分から名乗り出た

 

 

両さんは本田に食事をご馳走するため安くて有名な(定食200円)亀食堂に連れていく


f:id:calling0307:20220329164129j:image

昔ながらの大衆向け食堂といった感じで中々よい

 

だが中に入ろうとすると亀食堂の店主まで風邪を引いて店を閉めていたのだった

 

 

独身生活の長い両さんは多少の料理の心得があるため店主の代わりに亀食堂の店番をする事になった

 

続々と客が入ってきて厨房はてんやわんやだが以外にも料理は好評なのである


f:id:calling0307:20220329164208j:image

 

その後も症状が悪化してしまった部長を病院に送るため派出所と定食屋を行ったり来たり


f:id:calling0307:20220329164215j:image

部長思いの一面までみせる両さん

 

しかしさすがの両さんでも1日中働き詰めでついにダウン..


f:id:calling0307:20220329164302j:image

皆の風邪が治った矢先の両さんのダウンである

 

 

だが両さんがかかった病気は風邪ではなく以外な病気だった..

 

電子書籍ならこのお話しのオチや詳細がすぐ読めます⬇️

 

 

 

こち亀23